女性の一人暮らしの防犯対策とは?おすすめはインターホン付の物件

「女性が安全に暮らせる賃貸物件にはどんなものがあるか」

「どのような防犯対策があるのか」

このように考えて物件選びに困った人も少なからずいることでしょう。

この記事では特にインターホンに焦点をあて、防犯対策に優れた賃貸物件とはどんな物件かを紹介します。

インターホンによる防犯対策について

防犯対策は安心して生活する上で必須の課題です。

現在の凶悪化している犯罪から、建物は住人を守らなければなりません。

建材には高い防犯性が求められるのです。

そして、インターホンは玄関部分の安全性を向上させる心強いアイテムです。

ここでは、インターホンの持つ防犯効果について挙げてみましょう。

玄関を開けずに済む

誰かが来た時に玄関を開けずに済むのは、防犯を考える上で大きなメリットといえます。

旧来のチャイムなどであれば、鳴ってドアを開けて確認していたので、危険だったといえます。

防犯を考えるならば、ドアを開けるよりも開けずに相手を確認出来る方が、やはり安全です。

確かにドアチェーンなどでドアが開かない様にも出来るのですが、わずかでも開けてしまうと、危険を伴いますし怖い思いをしてしまいます。

生活の安全を考えるならば、「開けずに確認が可能」なことは大きいです。

インターホンは女性の一人暮らしの安全性を大きく向上させるので、賃貸物件を探す場合にはインターホン付き物件がおすすめです。

誰であるかの確認が室内で可能

玄関チャイムが鳴ってドアを開けたら、そこにはあまり会いたく無い人物が立っていた。…そんな経験のある女性は少なく無いことでしょう。

宅配業者や知人などならば良いかも知れませんが、何かの勧誘目的のセールスマンなどが立っていたら、嫌なものですし怖い思いをしてしまいます。

また、それが凶器を持った悪意のある危険な人物であるならば、事態は深刻にもなり得ます。

その点、インターホンがあれば誰であるかが確認出来るので、非常に安全です。

来訪者が知人なのか宅配業者なのか、玄関まで行かずに確認出来ることは安心。

ちなみに今はカメラ付きのインターホンが普及しています。室内からの確認も映像で可能です。

威嚇効果がある

インターホンに威嚇効果があるのはご存じでしょうか。

これはカメラ付きのインターホンの持つ効果。不審者は「見られている」と言った心理になり、その家には近寄りにくくなるのです。

また、今のカメラ付きインターホンは録画も可能となるので、仮に万が一の事態となったとしても、証拠となる映像を残すことが出来ます。

場合によっては証拠映像として警察に提出することも可能なのです。

撮った映像は遠隔地のスマホにも飛ばすことも可能です。

そして、カメラ付きのインターホンの性能は不審者も知っている場合が多いです。

泥棒などは侵入前に下見に来るものですが、カメラ付きのインターホンが付いていれば敬遠する可能性が高くなります。

つまり、それだけ安全性が向上するのです。

このように、今のインターホンの威嚇効果は頼れる存在。物件に付いていれば安全性が増します。

インターホンで対策となる危険性

インターホンによる防犯効果がイメージ出来たことでしょう。

それでは、具体的にどんな危険性から守ることが出来るのでしょうか。

勧誘・押し売り

勧誘や押し売りに疲れ切った女性も多いと思います。これらの招かれざる客は時間を選ばずに来るので、それだけでも疲れてしまうものだからです。

しかも、相手の雰囲気が威圧的な場合には震え上がってしまう事態もあることでしょう。

その結果、必要でない商品を買わされたりして実害を被ることもあると思います。

いずれにしろ、勧誘や押し売りは精神的苦痛やら金銭的な損害を被ることもあるので、危険な事態といえるのです。

窃盗

窃盗は侵入する前にターゲットとする住宅の下見に行きます。

その家の防犯設備を確認し、勝算が高いのであれば侵入します。

下見をするのは、素早く仕事をしなければ通報のリスクが上がるからです。

今の窃盗犯は玄関からの侵入は少なくなってはいますが、それでも玄関は危険です。

また、窃盗はタイミングによっては強盗にも豹変します。

例えばコソ泥に入ったつもりが家人と会った場合、懐から凶器を取り出して襲い掛かって来ることもあり得るのです。

女性の一人暮らしにおすすめの賃貸物件

さて、女性の一人暮らしは危険が伴います。そのため、不動産には安全性が特に必要です。

では、どのような賃貸物件が良いのでしょうか。

旧来の物件と比較してどんな物件がおすすめかを考えてみましょう。

チャイムとインターホンを比較すると

築年数の古い物件の場合、インターホンどころかチャイムも付いていない物件が見られます。

このような物件は女性の一人暮らしにはあまり勧められません。

というのも、誰かが来る度に玄関先に出なければならないからです。これでは危険と言わざるを得ません。

また、チャイムが付いていたとしても、確認のために玄関先に行かなければならず、安全確保の面では好ましく無いといえます。

チャイムが鳴った後で玄関先に来客の確認をしますが、この時が危険なのです。

何かの弾みでドアが開けられた場合には何をされるか分かりません。

そのような背景を考えると、女性の一人暮らしの防犯対策には、やはりインターホンがおすすめです。

先にも挙げた様にインターホンであれば玄関まで行く必要もありません。

カメラ付きインターホンがベスト

さて、インターホンにはいくつかのタイプがあります。

昔は音声での通話だけでしたが、今の物ではカメラが付く物も登場しました。

防犯対策の観点から考えるならば、やはりカメラ付きインターホンがベターです。

前にも述べた様に、カメラ付きのインターホンは誰が来たかを玄関まで行かずに確認出来るのが大きなメリット。

玄関先まで行って怖い思いをすることがありません。

また、今のカメラ付きのインターホンは映像を残すことも可能ですし、撮影した動画を離れた場所のスマホなどに送ることも可能です。

音声のみのインターホンとは異なり、多くのメリットを持っています。

女性の一人暮らしの賃貸物件はカメラ付きのインターホンが付いている物件がベストでしょう。

まとめ

女性の一人暮らしの防犯対策をインターホンの面から取り上げてみました。

やはり女性の一人暮らしにはチャイムなどよりもインターホンがベター。カメラ付きのタイプが特におすすめです。

賃貸物件を探す場合には、インターホンの有無だけでなく、カメラ付きであるかも確認するのが良いでしょう。

 

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加