女性の一人暮らしには必須!玄関ドアの防犯対策

「女性の一人暮らしは本当に安全なのか」

「玄関からの侵入犯罪を聞くが大丈夫なのか」

「玄関ドアの防犯対策はどうなっているのか」

この様な疑問を持っている人も多いと思います。

この記事では玄関ドアの防犯対策を取り上げ、女性の一人暮らしにおすすめの物件を紹介したいと思います。

女性の一人暮らしは安全か

建物は安全性を優先して考えられています。

大きな地震が来たとしても大丈夫な様に耐震基準が決められていますし、台風に対しても破損しないように設計されています。

防犯対策も様々な角度から考えられていますが、防犯の場合は地震や台風とは違う性質を持っています。

では、女性の一人暮らしは防犯の面で安全なのでしょうか。

古過ぎる物件は勧められない

建築物は時代と共に発展して来ました。

先に挙げた耐震性であれば、大きな地震の発生を受けて建築法規が変わって来た背景を挙げることが出来ます。

それでは防犯対策はどうなのでしょうか。

これも時代と共に進化して来ました。今の玄関ドアは過去の侵入犯罪の手口に対抗して来た歴史があるのです。

ところで、その背景を逆から考えるならば「昔の物件のドアは外からの攻撃に強いとは限らない」ということにならないでしょうか。

…実はその可能性は少なくありません。

仮に今の手慣れた侵入者に攻撃された場合、開けられてしまうこともあり得るのです。

つまり、古過ぎる物件でドアの対策をしていない物は、安全性で今の物件よりも劣ってしまうと言えるのです。

女性の一人暮らしにはあまり勧められないのです。

玄関ドアの防犯対策

「玄関ドアの防犯対策は重要」…ということは言うまでも無いことなのですが、それでは「どの様に防犯対策をするか」は意外にイメージ出来ないことと思います。

しかし、今の玄関ドアは防犯性を向上させているのは事実。

…どの様に研究されて防犯効果を上げているのでしょうか。

この問題、実は元泥棒のアンケートから基準と対策が作られています。

元泥棒に「ドアを攻撃した場合、どれくらいの時間で諦めるか」とのアンケートをしたところ、約7割の元泥棒が「5分で諦める」と回答しました。

このことから、5分の攻撃にドアが耐えることが可能ならば、7割の泥棒が防げるとして防犯基準と対策が決められたのです。

玄関ドアを破る手段

ここで侵入犯罪の玄関ドアを破る手段について挙げてみましょう。

この手段は主に「錠部分への攻撃」と「ドアそのものへの攻撃」に分けることが出来ます。それぞれについて挙げてみましょう。

錠部分への攻撃

ドア錠はカギを差し込んで回せば開く…と言った機能のものですが、実は非常に細かい部品が組み合わされており、構造は複雑です。

例えば、カギを見るならば個々の形状は似ているのに、合わないカギを入れても解錠は出来ません。

これは当然のことなのですが、それを当然のこととするためには、多くの技術を要したのです。

しかし、侵入犯罪を考える者は、この技術の上を行く手口を考えだしました。

それがピッキング、サムターン回し、カム送りなどの不正解錠の手段です。

これらは錠部分、あるいは錠の周囲を特殊な工具で攻撃して不正に錠を開ける手口。非常に特殊な技術なのです。

この錠部分への攻撃は非常に流行し、大きな社会問題にまで発展しました。

ドアそのものへの攻撃

ドアを開ける手段は錠への攻撃だけではありません。ドアそのものを攻撃して開けようとする物もあるのです。

具体的にはバールなどでドアの隙間を攻撃し、無理矢理こじ開けようとするもの。

先に挙げたピッキングなどの手段の様にスマートには見えないかも知れませんが、錠を開けるだけの技術も必要無い特徴があります。

ちなみにバールは大工道具としてホームセンターで普通に販売しています。

大工や職人でなくてもDIYを趣味にする人ならば入手可能なので、それだけ危険とも言えます。

今の玄関ドアの防犯対策

それでは、今のドアの防犯対策はどの様になっているのでしょうか。

ドアの防犯性は向上している

前述の通り、玄関ドアは窃盗犯をはじめとする侵入者に狙われて来ました。

しかし、ドアメーカーもこれに対抗すべく様々な研究開発を行い、防犯性の高いドアを生み出しました。

例えば、ドア錠の部分ではピッキングやカム送りに強い構造が考えられ、錠周囲の補強によりサムターン回しなども出来ない様にされています。

また、バールでのこじ開けには、バールが入りにくいドアの形状が考案されました。

その結果、今のような防犯性の高いドアが開発されたのです。

防犯試験について

さて、この様な玄関ドアですが、防犯性向上の確認をどの様にしたか…について疑問の残る人もいると思います。

実は、この品質確認は試験によって行いました。

方法としてはドアを攻撃するツールを使い、試験官が実際に攻撃して確認したのです。

泥棒に扮した試験管がドアを攻撃してこじ開けるイメージの試験です。

これにより、ドアの安全性が確認されると共に、ウィークポイントまで見つけられました。

そして、その弱点を補う形で防犯性が上がって来たのです。

女性の一人暮らしにおすすめの物件

ここで女性の一人暮らしにおすすめの物件を、玄関ドアの防犯性の角度から考えてみましょう。

ちなみに、侵入犯罪は泥棒を例に取って挙げて来ましたが、実際の犯罪は泥棒だけとは限りません。

物が盗られるだけでなく、自分の身を守るためにも防犯は大切なのです。

新しい物件を選ぶ

基本的には新しい物件は新しい建材で構成されています。

浴室にしてもキッチンにしても、新しいタイプのアイテムで作られている物です。

そして、これは玄関ドアにも当てはまります。

新しい物件には防犯性の高いドアが使われているのです。

そのため、防犯性の高い物件で契約するためには新しい物件を選ぶのが大きなポイントと言えます。

ただし、物件への新規入居の際には原則的にはカギが交換されるもの。

この時に防犯性の高いカギが使われるかを確認することで、旧来のドアの部屋よりも安全な部屋に住めるかも確認することができます。

リフォーム後の物件

リフォームの際にドアを併せて交換する場合があります。

このような物件もドアが新しくなるのでおすすめの物件と言えます。

リフォーム物件は基本的には築年数がそれなりに経っているので家賃も抑えられるメリットもあり、お得です。

ちなみに、今の玄関ドアは昔のドアと違って機能も豊富。

例えばマンションドアなどの場合には断熱性を上げているタイプもあります。

室内を静かにしてくれるので、居心地を良くすることが可能です。

まとめ

玄関ドアの防犯性を取り上げました。

女性の一人暮らしにおすすめの物件がイメージ出来たことと思います。

また、玄関ドアの防犯性なども把握出来たことでしょう。

女性の一人暮らしには、やはり新しいドアが安全でおすすめです。

築年数やリフォームの有無などを不動産会社に確認すると良いでしょう。

 

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加