賃貸初期費用のクリーニング代は相場いくら?値切り交渉は可能?

「初期費用のクリーニング代って、支払わないといけないのかな」

「クリーニング代の相場はいくらなんだろう?」

このような疑問を解決するため本記事では、クリーニング代の相場や支払うタイミング、値切り交渉ができるかどうかなどをご紹介いたします。

賃貸アパートのクリーニング代について知りたい方はぜひ、参考にしてください。

なお、賃貸アパート初期費用の相場はいくら?計算方法や安く抑えるコツを伝授!という記事にて初期費用のすべてを解説していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

 

初期費用のクリーニング代とは何?

初期費用のクリーニング代とは、次に住む人が快適に過ごせるよう、入居者の退去後に部屋をキレイにするための費用です。

賃貸アパートは通常、住んでいた人が退去した後に、専門の清掃業者が室内のクリーニングをします。

新しい入居者が、気持ちよく部屋を使える状態にしておくためです。

個人で清掃するのではなく、きちんとした業者に依頼するため、クリーニング代が発生するのですね。

また、不動産会社によってはクリーニング代を「原状回復費」や「清掃費用」と呼ぶケースもあります。

いずれにせよ、クリーニングは賃貸アパートに住むために必須な項目だといえるでしょう。

 

初期費用のクリーニング代は相場いくら?

クリーニング代の相場は一般的なワンルーム(1R)物件で3万円~5万円ほどです。

ただし、クリーニング代の相場は賃貸アパートの部屋の広さによって変わります。

なぜなら、清掃する範囲が多いほど手間がかかるからです。

部屋が広い・部屋数が多いなど、部屋自体の面積が多いと費用も高くなっていきます。

部屋の広さ別で見るクリーニング代の相場

それでは実際に、部屋の間取り別でクリーニング代の相場を見ていきましょう。

間取り 相場
1R・1K 3万〜5万円
1DK・1LDK 5万〜8万円
2K〜2LDK 5万〜9万円
3K〜3LDK 7万〜10万円

やはり、部屋が広くなるほどクリーニング代が高くなっていくのがわかります。

たとえば、1K〜1LDKだとクリーニング代の相場は5万〜8万円ほど。

1R・1Kの3万〜5万円と比べると、クリーニング費用が高くなるのがわかります。

1部屋増えるだけでも、金額が大きく変わるのですね。

ただし、同じ広さや間取りでも、賃貸アパートによってクリーニング代は異なります。

上記の表は、あくまで目安としてご覧ください。

 

初期費用のクリーニング代を支払うタイミング

ここまで、クリーニング代の相場をご紹介してきました。

では、クリーニング代を支払うのはどのタイミングなのでしょうか?

いつ支払うかは不動産会社によって異なりますが、一般的に退去時か入居時のどちらかに請求されます。

退去時に支払うことが一般的

初期費用のクリーニング代を支払うタイミングは、退去時の場合が多いです。

一般的に、退去後1ヶ月ほどでクリーニング代の請求書(または清算書)が届きます。

請求書が届いたら、不動産会社に指定された方法でクリーニング代を支払いましょう。

ただし、初期費用として事前に支払った「敷金」から、退去時にクリーニング代が差し引きされるケースもあります。

上記の場合は、すでにクリーニング代が清算されているため、新たに費用を支払う必要はありません。

クリーニング代の詳しい支払い方法は、不動産会社から届いた請求書をご確認ください。

入居時に先払いするケースもある

さきほどクリーニング代は退去時の支払いが一般的とお伝えしました。

しかし、不動産会社によっては入居時に前払いする場合も。

というのも、退去時の費用トラブルを避けるため・ゼロゼロ物件で敷金の代わりになるなどの理由で、事前に支払うケースがあるのです。

初期費用のクリーニング代を先払いする場合は、事前に費用をきちんと確認しておきましょう。

支払い拒否はしない方がいい

クリーニング代は、退去後の室内をキレイにするために必要な費用だとお伝えしました。

「でも、うちは部屋をキレイに使ってたからクリーニングは必要ない」

「そこまで汚れてなければ、クリーニング代は支払わなくてもいいんじゃない?」

と思うかもしれません。

しかし、賃貸アパートに住むならば、退去後のクリーニングは必須です。

トラブルにならないためにも、清掃のプロであるクリーニング業者に任せ、費用をきちんと支払いましょう。

 

初期費用のクリーニング代は値切り交渉できる?

賃貸アパートでクリーニング代を値切りするのは難しいです。

というのも、退去後には部屋のクリーニングが必須だから。

「じゃあ、自分で掃除すればクリーニング代を安くできるのかな?」

と思うかもしれません。

しかし、答えはNOです。

たとえば、自分で室内をキレイに掃除してから退去したとします。

この場合も、部屋の状態がキレイかどうかは関係なく、クリーニング業者は決められた清掃内容できちんと掃除してくれます。

そのため、費用を安くできるケースは少ないのです。

また、クリーニング代は部屋の広さや間取りによって相場がある程度決まっているため、「格安でやってもらう」というのも難しいです。

大家さんによっては、交渉次第で安くしてくれるケースもあるかもしれませんが、あくまで値切りはできないものだと考えておきましょう。

 

まとめ

初期費用のクリーニング代の相場や支払うタイミング、値切り交渉ができるかどうかなどをご紹介してきました。

初期費用のクリーニング代は、賃貸アパートに住むうえで必要な費用です。

トラブルにならないためにも、きちんと支払って部屋を清掃してもらいましょう。

 

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加