シェアハウスの効果的な防音対策とは?効果的な方法まとめ

「シェアハウスでできる防音対策が知りたい」

「防音性の高いシェアハウスを見つけるコツってあるの?」

このような疑問を解決するため本記事では、シェアハウスの防音対策や、防音性の高い部屋を見つけるコツなどをご紹介いたします。

シェアハウスの防音対策でお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

 

シェアハウスの効果的な防音対策5選

もともと防音性の高いシェアハウスならいいですが、そうでないなら防音対策は必須。

今回は、シェアハウスの効果的な防音対策をご紹介いたします。

シェアハウスでおすすめの防音対策は、次の5つです。

  • 1.家具の配置を変える
  • 2.壁に防音シートを貼る
  • 3.天井に防音シートを貼る
  • 4.遮音カーテンを使用する
  • 5.厚みのあるカーペットを敷く

それぞれの詳細を見ていきましょう。

1. 家具の配置を変える

音は、壁を通して隣の部屋に伝わります。

壁に家具を配置すれば、隣の部屋から聞こえる音を遮断できるのです。

具体的には、他の部屋と隣接する壁に「背の高い家具」を置きましょう。

背の高い家具が壁の役割を果たしてくれるため、お金をかけずに防音対策ができますよ。

 

2. 壁に防音シートを貼る

さきほど、「音は壁を通して隣の部屋に伝わる」とお伝えしました。

壁が薄い場合は、より音が響きやすいです。

防音シートを貼れば、壁に厚みが出て音も吸収してくれるため、防音対策になりますよ。

 

3. 天井に防音シートを貼る

壁に防音シートを貼るのもいいですが、天井に使用するのもおすすめ。

というのも、2階以上のシェアハウスの場合、天井からも音が伝わってくるからです。

防音シートを貼れば、下記のような音を防ぐ効果が期待できます。

  • 上の住人が歩く音
  • ドアを開け閉めする音
  • テレビや話し声などの生活音

もしも、あなたがシェアハウスの1階に住んでいるならば、天井にも防音シートを貼りましょう。

 

4. 遮音カーテンを使用する

遮音カーテンを使うのも、効果的な防音対策です。

なぜなら、外からの音が窓を伝って聞こえてくるから。

遮音カーテンには「音を遮る」「音を吸収する」などの効果があるため、外からの音が聞こえにくくなりますよ。

車の音や電車の音、外から聞こえる話し声などが気になる方はぜひ、遮音カーテンを活用しましょう。

 

5. 厚みのあるカーペットを敷く

部屋にカーペットを敷くことでクッションの役割を果たすため、音や振動を吸収してくれます。

具体的には、厚手のカーペットがおすすめ。

薄いものだと、十分に音が吸収できず、防音効果が低くなってしまいます。

「自分の歩く音が、下の住人に聞こえているか気になる」
「下の階からの音がうるさい」

このように感じるなら、厚手のカーペットを敷くといいですよ。

 

防音性の高いシェアハウスを見つけるコツ5選

「防音性の高いシェアハウスがいい!」

このように、防音性を気にしてシェアハウスを探す方は多いです。

そこで今回は、防音性の高いシェアハウスを見つけるコツをお伝えいたします。

防音性が高いシェアハウスの特徴は、次の5つ。

  • 1.鉄筋コンクリートで造られている
  • 2.部屋と共有スペースが離れている
  • 3.住人が少数
  • 4.生活ルールが決められている
  • 5.家賃が高く設定されている

それぞれの詳細が、下記のとおりです。

1. 鉄筋コンクリートで造られている

防音性が高いシェアハウスを見つけるには、まず建築構造をチェックしましょう。

RC造(鉄筋コンクリート)・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)の構造のシェアハウスは、防音性能が高いです。

なぜなら、建物に使われている素材が硬く、壁なども暑いため、音が伝わりづらいから。

反対に、木造や鉄骨造のシェアハウスは、壁が薄く防音性が低い可能性があります。

 

2. 部屋と共有スペースが離れている

シェアハウスに住む際は、共有スペースと部屋の位置をチェックしておきましょう。

共有スペースと部屋が遠いほど、他の住人の生活音が聞こえづらいからです。

反対に、共有スペースと部屋が近いと、話し声や生活音が聞こえやすく、ストレスに感じてしまうでしょう。

また、部屋同士の間が離れているシェアハウスも、「隣室からの音が伝わりにくい=防音性が高い」といえます。

 

3. 住人が少数

シェアハウスに住む人数が少ない方が、防音性が高いです。

というのも、人数が少なければ、それだけ生活音なども出にくいから。

反対に、大人数型のシェアハウスは、他の住人の生活音や話し声が聞こえやすいので注意が必要です。

 

4.生活ルールが決められている

ルールがあれば、深夜の騒音や生活音に悩まされません。

実際に、下記のようなルールが定められているケースがあります。

  • 音が出る家電の使用は23時まで
  • シャワーの使用は23時まで
  • 来客の訪問は21時まで

たとえば、深夜に聞こえる洗濯機の音は、思ったよりもうるさく感じます。

日中ならあまり気になりませんが、夜は周りが静かなぶん、音が気になりがち。

生活ルールが徹底されているシェアハウスは、防音対策がしっかりしているためおすすめです。

 

5.家賃が高く設定されている

家賃が相場より高めに設定されているシェアハウスは、防音性が高い傾向です。

「部屋の壁が厚い」「防音素材が使われている」など、建物自体にコストがかかっているからですね。

反対に、あまりに安すぎるシェアハウスだと、防音性能は期待できないでしょう。

シェアハウスの防音に関するQ&A

ここからは、シェアハウスの防音に関するよくあるQ&Aをご紹介いたします。

 

Q.ギターやピアノなど楽器を弾けるシェアハウスってあるの?

楽器の演奏が可能なシェアハウスはあります。

たとえば、「楽器好きな人のためのシェアハウス」など、コンセプト型のシェアハウスも存在します。

楽器を弾けるシェアハウスでは、防音室などもありますよ。

ただし、防音設備が整っている分、家賃が高く設定されているケースが多いです。

Q.防音性が低く周りがうるさい時はどうすればいい?

まずは、本記事でご紹介した防音対策をお試しください。

「防音対策はしっかりやったけど、やっぱり音が気になる……」

このように、あまりにもうるさい場合は管理会社に相談しましょう。

Q.内見時、どこをチェックすれば防音性を把握できる?

内見時に防音性能を確認する方法は、下記のとおり。

  • 壁を軽く叩いてみる
  • 上の階からの音を確認する
  • 周辺の治安をチェックする

また、内見におすすめの時間帯は「休日の昼間」です。

というのも、一番多くの住人がシェアハウスにいる可能性があるから。

「実際に入居したときに、どれくらいの音が聞こえるか」をチェックするのに最適ですよ。

 

まとめ

シェアハウスの防音対策や、防音性が高い部屋を見つけるコツなどをご紹介してきました。

シェアハウスは他人との共同生活なため、さまざまな生活音が聞こえやすいです。

快適なシェアハウス生活を送るためにも、防音対策をしっかりと行っておきましょう。