【アパート】ブレーカーが落ちる!主な3つの原因と対処法まとめ

「アパートのブレーカーがよく落ちるんだけど、原因はなに?」

「ブレーカー落ちを防ぐにはどうすればいいの?」

このようなお悩みを解決するため当記事では、アパートのブレーカーが落ちる原因と対処法をご紹介いたします。

アパートのブレーカー落ちにお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

ブレーカーが落ちる主な3つの原因と対処法

ブレーカーが落ちると部屋の電気やエアコン、テレビなどの電化製品がすべて止まります。

いきなり真っ暗になるので、停電も疑ってしまいますよね。

しかし他の部屋や外が明るいのに、自分の部屋だけ真っ暗な場合は、ブレーカーが落ちている可能性が極めて高いです。

では、なにが原因でブレーカーが落ちるのでしょうか?

考えられる原因は主に以下の3つ。

  • 1.電化製品を一度に使いすぎている
  • 2.高アンペアの電化製品を同じ部屋で使っている
  • 3.電気が漏電している

それぞれの詳細と対処法を解説していきます。

 

1.電化製品を一度に使いすぎている

一度に多くの電化製品を使用すると、ブレーカーが落ちてしまいます。

というのも電力契約によって、アンペア数の上限があらかじめ決まっているから。

部屋で電化製品を使用するとアンペアが上がり、契約アンペア数を超えた時点で、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。

ちなみにアパートでの一人暮らしなら、20~30アンペアで契約している場合が多いです。

また、代表的な電化製品と使用アンペア数をまとめた表が下記の通り。

電化製品 使用アンペア数(A)
エアコン 5A
電子レンジ 7A
電気ケトル 10A
ドライヤー 12A
炊飯器 13A

すべての電化製品を同時に使うとブレーカーが落ちてしまうので、契約アンペア数と相談しながら使いましょう。

 

対処法→使用する電化製品の数を減らす

電化製品を使う際はなるべく、同時使用を避けてください。

時間をずらして別々に使うことで、契約アンペア数を超えてしまう状況を防げます。

 

2.高アンペアの電化製品を同じ部屋で使っている

高アンペアの電化製品を同じ部屋で使うと、その部屋の使用アンペア数が上がります。

そして結果的に、その部屋だけブレーカーが落ちることがあります。

例えばリビングは停電しているのに、洗面所や玄関は問題なく電気がつくなど。

なぜこうなるのかというと、部屋ごとに対応したブレーカーが設置されているためです。

上記で紹介した例だと、リビングで使用している電化製品が多すぎるといえます。

同じ部屋で使っている電化製品が多すぎてアンペア数が上がり、ブレーカーが落ちてしまうのです。

 

対処法→必要のない電化製品の電源を切る

特定の部屋だけブレーカーが落ちてしまった場合、その部屋で同時に使用する電化製品の数を減らしましょう。

使用しない電化製品の電源を切ることで、使用アンペア数を抑えられます。

どうしても同時に使いたい時は、他の部屋からコンセントをつなぐのも有効です。

 

3.電気が漏電している

電化製品を同時に使用していないのにブレーカーが落ちる場合、電気が漏電またはショートしている可能性があります。

漏電は電化製品の劣化が原因で起こることもあるので、古い電化製品を使っている場合は注意が必要です。

 

対処法→大家さんまたは管理会社に連絡する

電気が漏電している状況は非常に危険。

火災や感電につながる恐れがあるので、早急に対処しなければなりません。

原因となる電化製品を特定できればいいものの、知識がないと特定することは困難。

なので漏電やショートが疑われる時は安全のため、すぐ大家さんまたは管理会社に連絡しましょう。

 

原因がわからない時は大家さんや管理会社に連絡

ブレーカー落ちの原因がわからない時はムリに特定しようとせず、大家さんや管理会社に連絡してください。

漏電やショートに関しては自力で対応できませんし、放置しておくのは危険です。

ブレーカーが落ちていると日常生活にも支障をきたしますから、早めに連絡しましょう。

ブレーカーが落ちた時の上げ方

ブレーカーには次の3種類あり、それぞれ上げ方が異なります。

  • アンペアブレーカー
  • 漏電ブレーカー
  • 安全ブレーカー

ブレーカーごとの上げ方は下記の通り。

 

アンペアブレーカーの上げ方

アンペアブレーカーは契約しているアンペア数をオーバーすると、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。

もしアンペアブレーカーが落ちてしまった場合、対応するブレーカーのレバーを上げましょう。

多くの場合、ブレーカーの一番左側にある独立したレバーが、アンペアブレーカーのスイッチです。

ブレーカーを上げる際は安全のため、使用していた電化製品の電源を切っておきましょう。

アンペアブレーカーの上げ方はこちらの動画でも解説されています。

 

漏電ブレーカーの上げ方

漏電ブレーカーには、部屋内で漏電した際に電気を遮断する役割があります。

ブレーカーを落とすことで、漏電による火災などの事故を防いでくれるのです。

漏電ブレーカーのスイッチは、ブレーカーの中央にある独立したレバーです。

そのレバーを上に戻すとブレーカーを付けることができますが、自己判断で操作してはいけません。

というのも漏電は、火災や感電などにつながるケースがあるから。

もし漏電によりブレーカーが落ちてしまった場合は、大家さんや管理会社に連絡してください。

 

安全ブレーカーの上げ方

安全ブレーカーは分岐ブレーカー、または子ブレーカーとも呼ばれ、部屋ごとの電気供給に対応しています。

もしも安全ブレーカーが落ちると、部屋の一部が停電する仕組みになっています。

安全ブレーカーのスイッチは、ブレーカーの右側に複数あるレバーです。

もし安全ブレーカーが落ちてしまった場合、下がっているブレーカーのレバーを上げましょう。

ブレーカーを上げる際は安全のため、使用していた電化製品の電源は切っておきましょう。

ブレーカーが落ちるのを防止するコツ3選

すぐにブレーカーが落ちてしまう場合、次の3つのコツを意識してみてください。

  • 1.電化製品をつけっぱなしにしない
  • 2.消費電力の高い家電の同時使用は避ける
  • 3.契約アンペアを上げる

それぞれの詳細を解説していきます。

 

1.電化製品をつけっぱなしにしない

使っていない不要な電化製品はなるべく、消すようにしましょう。

例えばテレビやエアコン、部屋の電気など。

こまめに電源を切ることで、使用アンペア数を抑えることができます。

 

2.消費電力の高い家電の同時使用は避ける

電子レンジやドライヤー、炊飯器などは消費電力が高いです。

同時に使うと、使用アンペア数が一気に上がってしまうため注意が必要。

消費電力の高い電化製品は、なるべく同時に使わないようにしましょう。

 

3.契約アンペア数を上げる

上記の対策をしてもブレーカーが落ちる場合は思い切って、契約アンペア数を上げるのも対処法の一つ。

というのも、契約アンペア数が低いとどうしても、ブレーカーが落ちやすいから。

同時に使う電化製品によっては、すぐに契約アンペア数を超えてしまいます。

しかし契約アンペア数を上げれば、ブレーカーを落ちづらくすることができますよ。

アンペアのブレーカーに関するQ&A

ブレーカーに関するQ&Aをまとめました。

 

Q.ブレーカーを落とすと節電になるって本当ですか?

ブレーカーを落とすことは節電になります。

ブレーカーを落とすと一切の電気が遮断され、待機電力がなくなるからです。

ただし、ブレーカーを落とす行為はリスクも多いため注意が必要。

ブレーカーを切ることにより冷蔵庫が止まったり、テレビの録画予約ができなくなったりします。

そのため、節電のためだけにブレーカーを落とすのは避けた方がいいでしょう。

 

Q.一人暮らしにおすすめのアンペアはどれくらいですか?

一人暮らしを快適に過ごすなら30アンペアがおすすめ。

例えば20アンペアだと、暖房をつけながら電子レンジや炊飯器を使用した場合、すぐにブレーカーが落ちてしまいます。

そのようなことを防ぐためには少し余裕を持ち、30アンペアで契約するのが安心です。

 

Q.ブレーカーがどこに設置されているのか分かりません

一般的にアパートのブレーカーは、次の場所に設置されていることが多いです。

  • 玄関
  • 洗面所
  • 廊下の収納扉の中

どこを探しても見つからない場合は、大家さんや管理会社にお問い合わせください。

ブレーカーが落ちる原因と対処法まとめ

アパートのブレーカーが落ちる原因や対処法をご紹介してきました。

ブレーカーが落ちる原因と対処法が以下の3つ。

  • 1.電化製品を一度に使いすぎている
  • 2.同じ部屋で電化製品を使いすぎている
  • 3.電気が漏電している

それぞれの対処法がこちら。

  • 1.使用する電化製品の数を減らす
  • 2.必要のない電化製品の電源を切る
  • 3.大家さんや管理会社に連絡する

ブレーカーを落とさないためには電化製品の同時使用は避け、こまめに電源を切ることが大切。

もしブレーカーが落ちてしまっても、慌てずに対処しましょう。