賃貸アパートの仲介手数料の相場は家賃1ヶ月分!半額や無料にできるってホント?

「仲介手数料の相場っていくらなの?」

「安くする方法はあるのかな」

このようなお悩みを解決するため本記事では、賃貸の仲介手数料の相場や安くする方法などをご紹介いたします。

仲介手数料について知りたい方はぜひ、参考にしてください。

なお、アパートの初期費用に関する詳細は【賃貸アパート初期費用の相場はいくら?計算方法や安く抑えるコツを伝授】で解説しているので、こちらもあわせてお読みいただけると理解が深まります。

 

そもそも仲介手数料とは?

仲介手数料とは、賃貸物件を仲介してくれる「手数料」として支払うお金のこと。

基本的には不動産会社へ支払います。

たとえば、不動産会社は下記のような仲介業務を行ってくれます。

  • 物件探し
  • 大家さんとのやり取り
  • 契約手続き

不動産会社は私たちに対してさまざまなサポートをしてくれます。

そのサポート(仲介業務)に対して支払うお金が、仲介手数料なのです。

 

仲介手数料の相場は家賃1ヶ月分

賃貸物件の仲介手数料は、家賃1ヶ月分が相場です。

仲介手数料を1ヶ月分とした場合、家賃ごとの金額は下記のようになります。

家賃 仲介手数料(税込)
4万円 4.4万円
5万円 5.5万円
6万円 6.6万円
7万円 7.7万円

※消費税10%で計算

たとえば家賃5万円の賃貸だった場合は、5万円(仲介手数料)+0.5万円(消費税10%)=5.5万円が仲介手数料になります。

 

仲介手数料の上限は法律で決められている

さきほど、仲介手数料の相場は家賃1ヶ月分だとお伝えしました。

では、賃貸物件によって仲介手数料が高くなってしまうケースはあるのでしょうか?

結論からお伝えすると、仲介手数料が家賃1ヶ月分より高くなることはありません。

なぜなら、仲介手数料には上限があるからです。

「宅地建物取引業法」により、仲介手数料の上限額は家賃1ヶ月分(+消費税)までと決められているのです。

つまり、家賃1ヶ月分を超える仲介手数料は発生しないため、ご安心ください。

 

仲介手数料を支払うタイミングはいつ?

仲介手数料は、他の初期費用の項目と合わせて、契約時に支払います。

具体的には賃貸の契約書を交わすときですね。

契約時に、敷金や礼金などの初期費用をまとめて支払います。

賃貸物件に住む際は、仲介手数料だけでなく他にも初期費用がかかることを覚えておきましょう。

 

仲介手数料を半額や無料にする方法があるってホント?

「初期費用って全部合わせると高いから、せめて仲介手数料だけでも安くしたい」

と思う方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、仲介手数料を安くする方法は存在します。

仲介手数料を無料や半額にできる方法は、次の3つ。

  • 1.仲介手数料が低く設定されている賃貸物件を探す
  • 2.不動産会社に交渉する
  • 3.大家さんと直接、賃貸契約する

それぞれの詳細を見ていきましょう。

 

1.仲介手数料が低く設定されている賃貸物件を探す

物件の中には「仲介手数料が無料」「家賃の0.5ヶ月分」などの賃貸も存在します。

具体的には、下記のような理由で仲介手数料が低めに設定されているケースがあります。

  • 駅から遠い
  • 築年数が古い
  • 大家さんが次の借主を早く探したい

たとえば、大家さんが「次に住んでくれる人を早く決めたい」と思っている場合、仲介手数料が安く設定されている場合もあります。

仲介手数料を下げることで、早く入居者が決まる可能性があるからですね。

初期費用を抑えたいならば、もともと仲介手数料が安い物件を探すのも一つの手です。

 

2.不動産会社に交渉する

不動産会社に直接交渉し、仲介手数料を下げてくれるケースもあります。

ただし、ムリな交渉はNG。

不動産会社は物件を仲介する際、さまざまな手間がかかっています。

あまり大幅な金額の交渉は、取り合ってくれない可能性が。

あくまで、相談するスタンスで交渉してみましょう。

 

3.大家さんと直接賃貸契約する

大家さんと直接契約する方法と間に不動産会社が入らないため、仲介業者がいません。

つまり、仲介手数料を支払う必要がないのです。

ただし、一般的に賃貸契約は、不動産会社を通して行います。

大家さんと直接契約できる物件は少ないため、注意が必要です。

 

仲介手数料だけじゃない!賃貸の初期費用を抑えるコツ

引っ越し時にかかる初期費用は、仲介手数料だけではありません。

具体的には、次のような初期費用を支払う必要があります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 鍵交換
  • 火災保険
  • 保証料

他にも引っ越し時にかかる荷物の運搬費や家具・家電の購入費など、さまざまな費用がかかります。

「そんなにたくさんの初期費用がかかるなら、なるべく金額を抑えたい……」

このような方のために、初期費用を安くする方法をお伝えいたします。

今回ご紹介する方法は次の3つ。

  • 1.ゼロゼロ物件
  • 2.家具・家電付き物件
  • 3.フリーレント物件

それぞれの詳細は下記のとおりです。

 

1.ゼロゼロ物件

ゼロゼロ物件とは、敷金・礼金がゼロ(無料)の物件のこと。

通常、初期費用には敷金・礼金が含まれており、相場はそれぞれ家賃1ヶ月分です。

つまり、敷金と礼金を合わせると、家賃の2ヶ月分になってしまいます。

家賃が5万円だとしたら、「5万円+5万円=10万円」も支払うことに。

ゼロゼロ物件ならば、「敷金・礼金」を支払う必要がないので、初期費用をグッと抑えられますよ。

 

2.家具・家電付き物件

初期費用を抑えたいなら、家具・家電付き物件もおすすめ。

もともと家具や家電が付いているため、新しく買う必要がありません。

実際、引っ越し時には今ある家具や家電を新調するケースがあります。

たとえば、部屋のサイズに合わせたベッドに変える、収納用に棚を買う、新しく調理家電を購入するなど。

家具・家電付き物件なら上記のような出費がないため、引っ越し時にかかる初期費用を抑えられますよ。

関連記事▶▶ゼロすむはレオパレス物件に対応してる?家具家電付きアパートのメリットをご紹介!

 

3.フリーレント物件

フリーレントとは、一定期間の家賃が0円になる物件のこと。

そのため、初期費用で「前家賃(翌月分の家賃)」を支払う必要がないのです。

前家賃が初期費用の項目に含まれない分、引っ越し時に支払うトータルの金額が安くなりますよ。

 

まとめ

仲介手数料の相場や安くする方法、初期費用が抑えられる物件などをご紹介してきました。

仲介手数料を下げる以外にも、初期費用を抑える方法はたくさんあります。

引っ越しをする際は、安くできる初期費用がないか、よく調べておきましょう。

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加