失敗しない同棲のための賃貸物件を選ぶポイント

「同棲のための不動産の条件とは?」

「物件を選ぶポイントは?」

同棲を考えたことのある人ならば、この様なことを考えた人も多いことでしょう。

この記事では、同棲のための不動産の条件や選ぶポイントについてご紹介いたします。

同棲のための賃貸物件の条件

同棲のための物件はシングルで生活するのと違った条件があるものです。

シングルの場合には、人にもよりますが、家は「寝るため」の場所とするケースもあることでしょう。

しかし、同棲をするとなると生活のスタイルそのものが変わります。

そのため、不動産に求められる条件も併せて変わるものです。

では、同棲のための賃貸物件には、どの様な条件が求められるのでしょうか。

お互いが通勤しやすい

お互いが会社勤めの条件となりますが、双方が通勤しやすいこと、これが最初に配慮されるべきでしょう。

今の会社員は非常に仕事が忙しく、自由になる時間はそれほど取れる訳ではありません。

そのため、片方が通勤が楽で、もう片方が大変…ということになると、やはり不平等に思えてしまいます。

状況にもよるでしょうが、その様な場合には通勤に不利な方に不満が溜まるもの。

2人の生活にも悪影響を及ぼしかねません。やはり2人は通勤においても同条件がおすすめ。

お互いの通勤のしやすさを考慮しましょう。

日常の買い物がしやすい

2人で生活するならば買い物などの利便性も考えるのがおすすめです。

シングルの場合であれば、会社帰りのスーパーで自分の分だけ買い物をして…という様にも出来るでしょうが、2人で生活をするならば、やはり2人で買い物をしたいものです。

そのためには、日常の買い物がしやすい物件がおすすめです。

2人での買い物は楽しいものです。そのためには買い物のしやすい物件を選ぶ必要があるでしょう。

治安・風紀が良い

治安や風紀も大きな問題です。と言うのも、同棲には女性の1人歩きも頻繁にあるから。

遅く帰って来る時などもありますので、安全の確保が必要となるのです。

また、大声で騒ぐ人が通る地域など、せっかくの安眠を妨害されることなどもあり得ます。

特に、大きな街では凶悪な犯罪もあり得ます。

お互いの安全のためにも、治安や風紀の良いところがおすすめです。

「もしも」のことがあった場合に対応しやすい

これは単身用の物件でも言えることかも知れませんが、「もしも」のことも起こり得ます。

自然災害もありますが、急に病院に行かなければならない時なども考えられます。

そのため、その様な事態に備えた物件で無ければなりません。

アクシデントに柔軟に対応出来る物件が望ましいのです。

物件を選ぶポイント

次に、物件を選ぶポイントを挙げてみましょう。

同棲のための賃貸物件は、様々な部分で条件があるもの。

どの様な物件がおすすめなのでしょうか。

地理的な面

まずは地理的な面です。

これは先にも挙げた通り、買い物が便利で治安が良く、しかも通勤に便利な場所であることが望ましいです。

ですから、賃貸物件を借りるにしても、駅からあまり遠く無い住宅地がおすすめです。

と言うのも、駅に近過ぎると風紀の問題が出て来ますし、静かな住宅街の真ん中の物件だと買い物に困るからです。

ちなみに、都市計画法を見ると、いわゆる「閑静な住宅街」と区分される場所では、大きな商業施設は建てることが出来ません。

ですから、買い物に不便ということも考えられ、「駅寄り」くらいが良いと思われます。

経済的な面

経済的な面も大切です。と言うのも、同棲可の物件はある程度の面積があり、家賃もそれなりに掛かるからです。

確かに、同棲をするならば収入も倍になる…と考えることも出来るでしょうが、経済的には余裕が欲しいところだからです。

ちなみに、賃貸物件の家賃は駅からの距離でかなり決まります。

これを逆から言うならば、駅からある程度離れた方が家賃の面で有利。

やはり住宅地の駅寄りくらいがおすすめです。

環境的な面

環境的な面も大切です。

せっかく2人で生活するならば、静かで気持ちの良いところがおすすめです。

しかし、街の中には悪臭や振動、そして騒音などの問題のある地域があるものです。

その様な場所は、生活空間そのものが悪くなってしまうので、おすすめは出来ません。

やはり生活は静かに送りたいもの。環境的な面も忘れないでおきましょう。

周辺の施設

周辺の施設もチェックしたいところです。

例えば「もしも」の時に対応可能な施設。

病院などは非常に大切ですし、避難場所などもチェックしておかなければなりません。

また、公園などの有無も生活環境のためにチェックしたいものです。

賃貸物件を選ぶ上で同棲の前に考えておきたいこと

ここで、同棲の前に考えておきたいことを挙げてみます。

賃貸物件であったとしても、この先何年も生活することになるかも知れません。

やはり将来を見据えて物件を考えることが大切なのです。

そこで、ここでは同棲前に考えておきたいことを挙げてみましょう。

一応の間取りを考えておきたい

2人での生活は楽しいものです。一緒の買い物、食事、何もかもがバラ色に見えることでしょう。

しかし、人間には短所もあるもの。相手の嫌な部分が見えることもあり得ます。

その様な場合には、お互いのためにも「適度な距離」が必要です。

さて、その距離は「物理的な距離」も含みます。

ですから、一応にしても最初から間取りを考えておくのがおすすめです。

距離は遠すぎても近すぎても良くない微妙なもの。間取りの検討は非常に大切なのです。

結婚・出産も考えたい

同棲の次に話題になるのが結婚と出産になる。…そんな2人も多いことでしょう。

さて、不動産は家族の形態に合わせるのがベスト。

人数や構成で間取りを考えるべきです。

そのため、同棲の次に結婚や出産を計画するならば、それなりの広さの物件が推奨されます。

例えば、出産するとベビーベッドなどを置くかもしれません。

面積的な余裕が必要ともなるのです。

そして、子供が育つとキッズスペースも考えなくてはならないと言えます。

マイホームの購入についても考えたい

賃貸物件の次はマイホームの購入だとも思います。

さて、マイホームの購入のためには多額の資金が必要です。

今はオーバーローンなどの便利な借り方もあるのですが、それでも資金は持っておくべきです。

そのため、資金を貯めておくだけの余裕が欲しいところ。家賃の検討が大切になるのです。

ちなみに、今の物件は中古であっても高品質の物件が少なくありません。

マイホームの購入にも手が届きやすくなったのです。

まとめ

同棲のための賃貸物件について考えました。

経済的な面だけでなく、地理や環境への配慮が大切であることが分かったことと思います。

また、同棲の前に考えておきたい点についてもイメージが出来たことでしょう。

同棲は胸が躍るものですが、現実を考えなければならないこと。

ぜひともポイントに照らし合わせ、ベストな物件を見つけましょう。

 

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加