【アパート退去費用】相場はいくら?敷金なしの場合どうなる?

「アパートを退去する時って費用はいくらかかるんだろう?」

「アパートの退去費用って相場はいくらなのかな?」

このような疑問をお持ちの方に当記事では、アパートの退去費用について詳しくご紹介いたします。

退去費用の相場や内訳、支払い方法が気になる方はぜひ、参考にしてください。

当記事の内容は一般的な賃貸借契約をもとに作成しています。

ゼロすむで契約する場合は転貸借契約となるため、一部異なる部分がございます。

ゼロすむで契約する場合の正確な内容に関して、詳細が気になる方はLINEを友だち登録してご質問ください。

友だち追加

そもそもアパートの退去費用とは?

「アパートの家賃を毎月払っていたのに、別途で退去費用も発生するの?」と疑問に思うかもしれません。

そもそもアパートの退去費用とは何なのかというと、次の入居者が快適に住めるようにするために、必要な経費のことです。

【退去費用=必要な経費】
・原状回復費用
・クリーニング費用

退去費用は原状回復費やクリーニング費が含まれており、項目によって貸主負担と借主負担に分かれています。
(貸主=大家や不動産会社、借主=入居者)

退去費用の項目は、国交省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によって細かく定められています。

また原状回復については、賃貸借契約書にも明記されています。

続いての項目で、退去費用の内訳を詳しく見ていきます。

▶▶目次に戻る

アパートの退去費用の内訳

アパートの退去費用の内訳は、大きく2つに分かれます。

 

1.原状回復費費用

原状回復費用とは、故意・過失によって破損させてたものを回復するために使われる費用のこと。

例が下記の通り。

【過失・故意による損傷】
・家具家電を運搬した時にできた傷
・大量の画鋲穴
・喫煙によって出来たシミや臭い

わざとではないにしろ、通常生活では生じない破損や劣化が過失・故意による損傷と判断されます。

そして原状回復に必要な費用は、借主負担となります。
(借主=入居者)

ただ、経年変化や自然損傷の場合は貸主負担となるため、この線引が難しいです。

貸主負担になる例が次の通りです。

【経年変化・自然損傷】
・家具家電の重さによる床のへこみ
・日差しによる壁の変色
・通常使用での換気扇の油汚れ

このように通常生活で生じる変化や損傷のことを経年変化といい、修繕費用は貸主負担となります。
(貸主=大家さん、不動産会社)

 

2.クリーニング費の詳細

クリーニング費とは、次の入居者のために行われるハウスクリーニング費用のこと。

通常は貸主が負担します。
(貸主=大家さん・不動産会社)

しかし特約という形で、借主負担になっているパターンがあります。

契約書にハウスクリーニングに関する特約が明記されている場合は、借主が費用を負担することになります。

また現在では、特約を明記している貸主が増加傾向にあります。

退去時のトラブルを防ぐためにも、事前に契約書を見て特約の明記がないか確認しておきましょう。

▶▶目次に戻る

アパートの退去費用の相場はいくら?

アパートの退去費用の相場は、一概にいくらと明言することが難しいです。

というのも入居者によって生活状況が大きく異なるからです。

例えば部屋の模様替えを頻繁にする方であれば、フローリングや壁に傷をつける可能性が高くなり、それに伴い原状回復費用が生じることもあります。

しかし模様替えをしない、自炊をしない方であれば傷や汚れが生じにくいです。

つまり、原状回復費用も抑えられるということ。

このように入居者の生活習慣によって部屋や設備の消耗具合が異なるので、退去費用の相場を明言することが難しいのです。

 

退去費用=敷金くらいが目安?

とはいえ、退去費用の目安が全くないわけではありません。

一般的に退去費用の目安は、敷金くらいが目安と言われています。

敷金とは入居時に払ってある担保金のようなもの。

アパートによっては敷金なしで入居できますが、敷金を支払う場合は家賃1〜2ヶ月分が相場です。

家賃を滞納してしまった、退去時に原状回復費用が必要になった場合などに、敷金が充てられます。

ただし原状回復費用が敷金の範囲で賄えない場合は追加支払いが生じるので、お気を付けください。

 

敷金なしのアパートに住んでいる場合の退去費用

敷金なしのアパートに入居している場合、原状回復費用やクリーニング費用を、丸々負担することになります。

原状回復費用・クリーニング費用の最終的な金額はアパートや契約条件によって異なります。

金額が分かるタイミングは主に3つ。

  • 退去時の立ち会いの時にわかる
  • 立ち会いから1週間程度してからわかる
  • 一律として入居時から分かっているいる

費用が発生するタイミングについて知りたい方は、大家さんや不動産会社に問い合わせてみましょう。

また敷金ゼロのアパートから退去する時は、下記のようなケースがあるので、注意が必要です。

  • 部屋の状態に関わらずクリーニング費用が定額
  • 相場よりクリーニング費用が高い
  • 短期で退去すると違約金が発生する

このようなケースはトラブルに発展することもあるので、事前に詳細を確認しておく必要があります。

疑問がある時は遠慮せず、大家や不動産会社に問い合わせましょう。

▶▶目次に戻る

アパートの退去費用を支払うタイミングと支払い方法

アパートの退去費用を支払うタイミングは、退去から1ヶ月前後が目安です。

追加支払いが生じた場合も、退去から1ヶ月前後で連絡が届くことが多いです。

大家や不動産会社に新しい住所を伝えてある場合は、郵送にて書類が送られてきます。

住所が決まってない、住所を伝えてない場合には電話で振り込み先など支払い方法を指定される事もあります。

アパートの退去費用についてまとめ

アパートの退去費用や内訳、支払い方法に関する事をご紹介してきました

退去時のトラブルを避ける為にも、入居時に契約書をよく読み、不明な点はよく確認しておくことが大切です。

また、原状回復費用やクリーニング費用を抑えるために、普段から部屋をキレイに使うことを意識しましょう。

▶▶初期費用ゼロ円で新生活スタート