【アパート】画鋲は使っていい?修繕費は発生する?代わりのグッズもご紹介

「アパートでも画鋲を使って、ポスターや絵を飾ってもいいの?」

「画鋲で壁に穴をあけると、退去する時に修繕費用を請求されそうで心配…」

このような疑問を解決するため当記事では、アパートでの画鋲の使い方や注意点などをご紹介いたします。

アパートで画鋲を使いたいと思っている方はぜひ、参考にしてください。

アパートの壁に画鋲は使っていいの?使う時の注意点

日常生活の範囲内であれば、アパートで画鋲を使うことは禁じられていません。

この旨は国土交通省が出している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載があります。

ガイドラインの中では、画鋲を壁に刺した時にできる穴は日常生活の範囲内とされています。

そのためアパートで画鋲を使っても、退去時に修繕費を請求されることは少ないでしょう。

ただし、注意点があります。

画鋲を使う前に必ず、賃貸契約書を確認してください。

アパートによっては、画鋲の使用が禁止されているケースがあるからです。

これに気付かずに画鋲を使用すると、退去時に原状回復費用の負担が発生する可能性があります。

よく分からない場合は無断で画鋲を使用せず、大家さんや管理会社へ相談してみましょう。

画鋲の使い方によっては原状回復義務が生じる

アパートの壁に画鋲を使用しても問題ありませんが、場合によっては原状回復義務が生じます。

原状回復義務とは簡単に言うと、退去する際に入居時の状態に戻すことです。

通常、原状回復の費用は大家さんや管理会社が負担します。

しかし、画鋲の使い方を誤ると入居者が費用を負担することに。

では、どのような画鋲の使い方をすると原状回復義務が生じるのか?

例を見ていきましょう。

 

画鋲を使って原状回復義務が生じる例

画鋲の穴は1、2箇所程度であれば目立ちにくいもの。

しかし下記のような場合、原状回復義務が生じます。

  • 画鋲穴の数があまりに多い
  • 画鋲に物をぶら下げて穴が大きくなった
  • 画鋲や物を取る時に誤って壁紙を裂いてしまった

他にも気を付けたいのが、ふすまの枠や室内ドアのような木製の部分に画鋲を刺すこと。

クロスの壁と違い画鋲の跡が目立ちますし、穴埋めできれいに修復することも難しいです。

場合によってはふすま、もしくはドアごとの交換が必要となり、修繕費が高くなる可能性があります。

 

画鋲を使って原状回復義務が生じない例

一般的なクロスの壁に画鋲を刺す程度であれば、原状回復義務が生じることは、ほとんどありません。

例えばカレンダー、ポスター、写真など。

軽くて壁に負担がかからないものであれば、画鋲を使って飾っても問題ありません。

ただし画鋲を取る時は要注意。

誤って穴を大きくしたり壁紙を剥がしたりすると、原状回復義務が生じる可能性があるからです。

画鋲の使用が認められているとはいえ、使い方にはくれぐれも気をつけてください。

画鋲の跡を消せる?穴埋めの方法や便利グッズをご紹介

アパートで画鋲を使っても問題ないとわかっていても、画鋲穴はなるべく目立たせたくないですよね。

そこで、画鋲の跡を穴埋めできる方法や便利グッズをご紹介いたします。

具体的な方法や便利グッズが下記の通り。

  • 1.ティッシュで穴埋め
  • 2.ドライヤーで穴消し
  • 3.専用の補修グッズ(穴埋めパテ)

それぞれの方法を解説していきます。

 

1.ティッシュで穴埋め

身近な道具であるティッシュを使った穴埋め方法です。

やり方は非常に簡単。

  • 1.水で濡らしたティッシュを、爪楊枝などを使って穴に詰め込む
  • 2.穴からはみ出たティッシュをちぎる
  • 3.爪先で軽く押しながら、周りの壁紙となじませる

壁の色が白の場合は、有効な穴埋め方法ですね。

詳しい方法は下記の動画で解説されているので、参考にしてください。

 

2.ドライヤーで穴消し

こちらも特別な道具が必要ない、とても簡単な方法。

手順は下記の通り。

  • 1,画鋲の穴に霧吹きで水を吹きかける
  • 2.数分ドライヤーで温める
  • 3.スプーンの背で穴をふさぐように、グッと押し込む

アパートの壁紙はビニールクロスであることが多いです。

ビニールクロスは温めると伸びる特性があるので、これを利用した穴埋め。

白以外の壁にも対応できるので、覚えておくと便利ですよ。

 

3.専用の補修グッズ(穴埋めパテ)

「ちゃんとした道具を使って穴を埋めたい」

という方には、市販の補修グッズである穴埋めパテがおすすめ。

色のバリエーションも多いですし、複数の色を混ぜ合わせれば複雑な壁色にも対応することができます。

使い方は補修材を穴に注入して、乾かすだけと非常に簡単。

穴埋めパテは楽天やAmazonの他、ホームセンターや100円ショップでも販売されています。

詳細は下記の動画で解説されているので、参考にしてください。

 

画鋲の代わりに使える!おすすめグッズ5選

画鋲に比べると穴が小さく目立たないものや、壁に穴をあけずに使える便利なグッズを5つご紹介します。

  • ニンジャピン
  • ホッチキス
  • 壁美人
  • ひっつき虫
  • 魔法の両面テープ

それぞれの使い方を解説していきます。

 

ニンジャピン

ニンジャピンは針の断面が丸ではなくV字になっており、針を抜いても跡が目立たない作りをしています。

回転させながら針を抜くと、ほとんど跡が目立ちません。

これならアパートでも安心して使えますね。

 

ホッチキス

180度開くホッチキスを使用すれば、壁にポスターや写真を貼ることが可能です。

簡単に使えますし画鋲よりも針が細いので、跡もほとんど目立ちません。

 

壁美人

壁美人は、ホッチキスで取り付けられる壁掛け金具です。

ニンジャピンやホッチキスは、軽いものにしか対応できません。

しかし壁美人を使用すれば、掛け時計やラックも壁に取り付けることができます。

便利アイテムとしてテレビ、雑誌や新聞でも何度も取り上げられている人気商品。

ホッチキスで取り付けてありますから、穴も目立ちません。

使用用途に合わせた豊富な商品ラインナップも特徴的です。

 

ひっつき虫

コクヨから発売されているひっつき虫は、繰り返し使える接着剤。

好きな大きさに手でちぎって指でもみ、形を整えて使用します。

軽いものなら十分に対応できますし、何より壁に全く穴があかないので、アパートでも安心して利用できます。

 

魔法の両面テープ

必要なサイズにカットして使用する両面テープです。

伸縮性があり、水洗いして何度でも繰り返し使える、まさに魔法のようなテープ。

耐荷重も11㎏までで、少々重たいものでも耐えてくれます。

ただしその分、粘着力も強いので、壁紙が剥がれてしまわないような工夫が必要です。

マスキングテープなどで一度壁を保護をして、その上から魔法の両面テープを貼るといいでしょう。

 

アパートの画鋲の使い方と注意点まとめ

アパートでの画鋲の使い方や注意点、代わりになるグッズなどをご紹介してきました。

内容をまとめると、次のようになります。

  • 画鋲の使用は禁じられていない
  • 使用前は必ず賃貸契約書を確認する
  • 場合によっては原状回復義務が生じる

そして、画鋲の代わりに使えるグッズが次の5つ。

  • ニンジャピン
  • ホッチキス
  • 壁美人
  • ひっつき虫
  • 魔法の両面テープ

日常生活において、アパートで画鋲を使用することは禁止されていまん。

しかし、どうしても壁に穴をあけることに抵抗がある方はぜひ、便利グッズをご活用ください。