【アパート】無料Wi-Fiに繋がらない!5つの原因と対処法を徹底解説

「アパートの無料Wi-Fiがいきなり繋がらなくなった…」

「Wi-Fiが繋がらなくなる原因って何?どう対処すればいいの?」

このようなお悩みを解決するため当記事では、アパートのWi-Fiに繋がらない原因と対処法をご紹介いたします。

アパートのWi-Fiが繋がらなくって困る方はぜひ、参考にしてください。

アパートのWi-Fiに繋がらない5つの原因と対処法

アパートの無料Wi-Fiが繋がらなくなる原因は、主に5つ考えられます。

  • 1.接続するWi-Fiが間違っている
  • 2.Wi-Fiが繋がらない部屋にいる
  • 3.アパート全体で使えるデータ容量を超えている
  • 4.スマホやパソコンに問題がある
  • 5.ルーターに問題がある

以下、それぞれの詳細を解説していきます。

 

1.接続するWi-Fiが間違っている

アパートのWi-Fiが繋がらない場合そもそも、接続先が間違っている可能性があります。

部屋からWi-Fiの設定を見ると、いくつかの接続先が表示されます。

これは、アパートの近隣で他のWi-Fiが使用されているということ。

表示される接続先の中には、あなたが使用するネットワーク(SSID)と似た名前のものがあるケースも。

SSIDの名前が似ていると、自分のアパートのWi-Fiだと勘違いしてうっかり、繋ぎ間違えてしまうことがあるのです。

 

対処法→正しい接続先に繋ぐ

接続先のネットワーク(SSID)が正しいものに繋がっているか、もう一度確認しましょう。

正しいSSIDに接続すれば、問題なくWi-Fiに繋がります。

ただしパスワードを間違うと繋がらないので、正しいパスワードを入力してくださいね。

2.Wi-Fiが繋がらない部屋にいる

「正しいネットワーク(SSID)に接続しているのに、Wi-Fiが繋がらない…」

そんな時はあなたが、Wi-Fiの電波が届きづらい部屋にいる可能性があります。

というのも、Wi-Fiを使用する際は通常、ルーターを設置します。

ルーターを介してあなたのスマホやパソコンに、Wi-Fiの電波が届く仕組みです。

しかしWi-Fiの電波は、次のような要員で不安定になってしまいます。

  • 電子レンジなど他の電子機器に干渉されている
  • Wi-Fiを使う場所とルーターが離れている
  • 扉や壁などの障害物がある

例えばルーターをリビングに置いていた場合。

寝室から距離の遠い寝室などで使用する際、Wi-Fiが繋がりにくいことがあります。

また、Wi-Fiは扉や壁などの障害物によって遮られてしまうことも。

ルーターとWi-Fiの間に、扉や厚い壁があるなどが理由で、繋がらなくなってしまうケースもあるのです。

対処法→ルーターを置く場所を工夫する

ルーターを設置する際は、使用する場所の近くに置くといいです。

距離が近い分Wi-Fiが繋がりやすくなりますし、壁などの障害物に干渉されず電波が届きます。

なのでWi-Fiが繋がらない場合は一度、ルーターを置く場所を変えてみましょう。

ただし、すでに同じ部屋内にルーターが設置されている場合、より近くに設置しても電波状況の改善は期待できません。

というのも、Wi-Fiは1~2メートル離れたくらいで、繋がらないことはないからです。

あくまで、ルーターが他の部屋にある場合のみ、置き場所を工夫しましょう。

 

3.アパート全体で使えるデータ容量を超えている

次に考えられるのは、アパート全体で使用できるデータ量を超えている可能性。

アパートのWi-Fiは住民の共有回線で、おおもとの回線(Wi-Fi)は1つです。

そして共有回線では、アパート全体で使用できるデータ容量が決まっています。

なので、決められた容量を超えるとWi-Fiが繋がらなくなってしまうのです。

例えば、動画視聴やオンラインゲームなど、たくさんのデータ量を使う人がいた場合、アパート全体の容量が不足してしまいます。

また、共有回線なので、同時にWi-Fiを使う人が多いほど混み合います。

回線が混み合うとWi-Fiの通信速度が遅くなり、さらには繋がらない原因にもなるのです。

 

対処法→Wi-Fiを使用する時間帯を変えてみる

Wi-Fiのデータ容量不足が原因で繋がらない時は、使えるようになるまで待つしかありません。

ただし、同時使用による混雑でWi-Fiが繋がらない場合、使う時間帯を変えるといいです。

土日や夜の時間帯などはWi-Fiを使用する人が多く、回線が混雑しやすので、これ以外の時間帯で使ってみましょう。

4.スマホやパソコンに問題がある

Wi-Fiに繋がらないのは、スマホやパソコン自体に原因がある可能性もあります。

例えば、パソコンは繋がるのに、スマホだとまったく繋がらないといったことはありませんか?

Wi-Fiに繋がる端末と繋がらない端末がある場合、スマホやパソコン自体に問題があると考えられます。

 

対処法→スマホやパソコンを再起動する

上記のような場合は、Wi-Fiに繋がらない端末を再起動しましょう。

不具合が解消され、Wi-Fiが繋がる可能性があります。

実際に、再起動後に接続したらWi-Fiが繋がったというケースも多いです。

しかし再起動してもWi-Fiに繋がらない場合は、他の原因が考えられるので、当記事で紹介している対処法をお試しください。

5.ルーターに問題がある

スマホやパソコンではなく、ルーター側に問題があるケースもあります。

スマホやパソコンなどどの端末もWi-Fiが繋がらない場合、ルーターに不具合が起きている可能性が。

ルーターに不具合が起きてしまうと、いくらスマホやパソコンを再起動しても、Wi-Fiに繋がることはありません。

 

対処法→ルーターを再起動する

ルーターの不具合が疑われる場合には一度、再起動しましょう。

再起動後に改めて接続すれば、Wi-Fiに繋がる可能性があります。

ただし、再起動してもWi-Fiが繋がらない場合、ルーターが故障していることが考えられます。

もし故障しているなら修理や交換する必要があるので、大家さんもしくは管理会社に連絡しましょう。

対処法を試しても繋がらない時は大家さんや管理会社に連絡

アパートの無料Wi-Fiに繋がらない時の原因や対処法をお伝えしてきました。

しかし、対処法を試してもWi-Fiが繋がらないケースもあります。

そんな時は、大家さんや管理会社に連絡しましょう。

というのも実は、大家さんもWi-Fiについてあまり分かっていない場合があります。

「無料Wi-Fiが付いている方が、入居者が決まりやすいだろう」という理由で設置している場合、そもそも繋がらないことに気付いていない可能性もあるのです。

また、あなただけでなく他の住人もWi-Fiに繋がらずに困っていることもあります。

なので、現状のWi-Fi接続ができない事実を詳しく伝えて、対処してもらうといいですよ。

 

Wi-Fiに繋がるけど回線が遅い場合

「Wi-Fiには繋がるけど回線が遅い…。見たいホームページや動画が全然表示されない…」

という時は、原因と対処法が少し異なります。

アパートのWi-Fiが遅い時に考えられる原因と対処法は、下記記事にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

アパートの無料Wi-Fiに繋がらない原因と対処法まとめ

アパートの無料Wi-Fiに繋がらない原因と対処法をご紹介してきました。

Wi-Fiに繋がらない時に考えられる原因は次の5つ。

  • 1.接続するWi-Fiが間違っている
  • 2.Wi-Fiが繋がらない部屋にいる
  • 3.アパート全体で使えるデータ容量を超えている
  • 4.スマホやパソコンに問題がある
  • 5.ルーターに問題がある

そして、対処法が次の5つ。

  • 1.正しい接続先に繋ぐ
  • 2.ルーターの置き場所を工夫する
  • 3.Wi-Fiを使用する時間を変えてみる
  • 4.スマホやパソコンを再起動する
  • 5.ルーターを再起動する

上記の対処法を試してもWi-Fiに繋がらない場合は、大家さんや管理会社に相談してみましょう。