【アパート】内見後に契約しないのはマナー違反?上手な断り方をご紹介

「アパートの内見をするんだけど、内見後に断ることってできるのかな?」

「何度も内見したり断ったりすると、冷やかしって思われるのかな?」

このような疑問を解決するべく当記事では、アパート内見後の断り方や注意点についてご紹介いたします。

これからアパートの内見を行う方はぜひ、参考にしてください。

アパートの内見当日は契約も同時に行われるの?

内見当日は希望すれば契約手続きも可能ですが、アパートが気に入らなければ、契約したくありませんよね。

管理会社も、無理に契約を勧めてくることはありません。

なので内見したからといって、当日に契約する必要はありません。

もし少しでも不満があれば「別のアパートも内見したいです」「ここが思っているのと違うんです」と、担当者に思いを伝えましょう。

そして他のアパートの内見に向かってもOK。

ただしアパートは仮予約(仮押さえ)ができないので、その点には注意が必要。

とはいえ、内見したその日に契約する必要はないので、安心して内見に向かってください。

 

繁忙期はすぐに部屋が埋まるので要注意

進学・就職・転勤の時期が重なる4月。

その準備が行われる1〜3月は部屋探しをする方が多く、繁忙期になります。

アパート数は多くなりますが、多くの人が内見しています。

そのため先に契約されてしまうことがあり、気に入った部屋が見つかっても契約できないことも。

「仮予約や仮押さえはできないの?」

と思うかもしれませんが原則、アパートは仮予約ができず早い者勝ちになっています。

なので内見して気に入った部屋があれば、早めに決断しましょう。

アパートを内見した後、契約しないのはマナー違反?

「内見した後に契約しないのはマナー違反になるのかな?」

初めて内見をする方は、こう思うこともあります。

ですが、契約を断ってもマナー違反にはなりません。

実際に部屋を見て、気に入らないこともあるからです。

また管理会社側からしても、契約しないと分かれば、他の方にそのアパートを紹介できます。

ただし、断るのであればなるべく早めに決断することがポイント。

決断が長引くと、管理会社や他の入居希望者に迷惑をかける可能性があるからです。

なのでアパートが気に入らなかった場合は、できるだけ早く断りの連絡をしましょう。

 

内見後に断りたいと思った時の連絡方法

内見前は「このアパートがよさそう」と思っても、内見後に印象が変わることも多々あります。

実際に内見してみたら日当たりがイマイチだった、道路が近いから騒音が気になるなど。

ただ管理会社の担当者を目の前にすると、ハッキリ断りを入れるのに抵抗が出る方もいるでしょう。

その場で言いづらい場合は「家に帰って考えます」と伝えればOK。

帰宅後、少し時間をおいて電話やメールで担当者に断りの連絡をましょう。

電話・メールで返事をする方法を下記にて詳しくご紹介します。

 

電話で連絡する

管理会社に電話をして担当者につないでもらったら、次のように伝えましょう。

「少し考えたのですが希望に沿わなかったので、契約は見送りたいと思います」

こう伝えれば担当者も聞き入れてくれます。

もし他のアパートを見てみたい場合は、その旨を伝えても大丈夫。

担当者の方が不在の場合もありますので、その際は再度かけ直しましょう。

 

メールで連絡する

メールで返事をする場合は担当者のアドレスに、下記のような内容を送ります。

お世話になります。

内見させていただいた○○です。

お忙しい中、ありがとうございました。

帰宅して考えた結果、内見したアパートの契約は見送らせていただきたいと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

担当者が内容を確認したあと、その旨のメールが届きます。

他のアパートも見てみたい場合は、届いたメールにその旨を記載し返信しましょう。

内見をキャンセルしたい!内見前の断り方

「内見の予定が入っていたけど、急用で内見にいけなくなった…」

という場合は、内見キャンセルの連絡をしましょう。

管理会社も準備してくれているので、無断キャンセルをするのはNG。

内見をキャンセルする場合は管理会社に電話をするのが好ましいです。

メールで断ることもできますが、担当者が確認するまでに時間がかかる可能性があります。

内見前日〜当日にキャンセルするのであれば必ず電話で連絡。

2〜3日前にキャンセルするのであれば、電話もしくはメールで連絡しましょう。

 

無断キャンセルは絶対NG

繰り返しになりますが、内見を無断キャンセルするのは絶対にダメです。

管理会社は内見に向けて準備を整え、担当者もその日のスケジュールを組んでいます。

連絡しないでいると担当者は、渋滞に巻き込まれて遅刻しているのかな?事故で来れなくなったのかな?といった心配も生じます。

管理会社や担当者の方を気遣うためにも、キャンセルする時は必ず連絡を。

無断キャンセルはマナー違反になるので、しないよう注意してください。

内見をキャンセルすると冷やかしって思われない?

「内見しても契約しない、内見そのものをキャンセルすると、冷やかしって思われないのかな?」

と心配するかもしれません。

確かに、契約する気が全くなかったり、内見ばかりして契約の話をしなかったりすると、冷やかしと思われる可能性があります。

しかし、真剣にアパートを探している姿勢が担当者に伝われば、冷やかしと思われることはありません。

管理会社の人は今まで、何人ものお客様に接してきたプロ。

なので冷やかしかそうでないかは、あなたの姿勢を見ればわかるのです。

 

内見後、別の管理会社に行っても大丈夫?

契約手続きをしていなければ、別の管理会社に行っても大丈夫です。

管理会社によって所有しているアパートが異なるので、「こっちのアパートも気になる」と思うこともあるでしょう。

その場合は別の管理会社に連絡し、アパートの内見をさせてもらいましょう。

 

内見した後の断り方についてまとめ

アパートを内見した後の断り方や注意点などをご紹介してきました。

当記事の内容をまとめると次のようになります。

  • 内見後は断っても大丈夫
  • ただし断りの連絡は早めに
  • 断ってもマナー違反にはならない

また、内見そのものを断ることもできます。

ただし前日〜当日など内見まで時間がない場合は、必ず電話で連絡をしてください。

管理会社や担当者のスケジュールもありますから、無断キャンセルは絶対にやめてくださいね。