【アパート】うるさい隣人に手紙で苦情を伝える方法!例文付き

「アパートの隣人がいつもうるさい…」

「手紙で苦情を伝えたいけど、どうやって書けばいいの?」

このようなお悩みを解決するため本記事では、隣人に手紙で苦情を伝える方法や注意点、例文をご紹介いたします。

アパートの騒音でお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

なお、隣人や上の階がうるさい時の対処法はこちらの記事で詳しくまとめています。

騒音がうるさい隣人に手紙で苦情を伝えてもいいの?

「深夜になると、いつもアパートの住人がうるさい……」

このように、隣人の騒音に悩まされる方は少なくありません。

結論からお伝えすると、隣人がうるさい場合は手紙を出してOK。

管理会社や大家さんに相談してもあまりいい対応が望めなかった場合、手紙を書くのも一つの手段です。

手紙の効果はどの程度?

騒音に悩んでいることを手紙で伝えた場合、相手が真摯に受け止めてくれれば速やかに解決するケースもあります。

ただし、感情的・攻撃的な文章だと、相手の神経を逆なでして反発されてしまう場合も。

手紙で苦情を伝える際は、丁寧かつ具体的な文章を心がけるのが重要です。

丁寧にお願いすれば、隣人はより気を付けて生活してくれる可能性が高くなります。

また、匿名の手紙ならば「名前がわからない相手から苦情が来た」と、いい意味で緊張感を持ってもらえますよ。

手書きとパソコンのどちらがいいの?

手紙で苦情を伝える際、基本的にはパソコンで書くのがおすすめ。

パソコンなら文章を整理しながら書けますし、相手にとっても読みやすい手紙になるはずです。

パソコンで書いた文をプリントアウトしたら、隣人のポストに入れましょう。

文章は、例文を参考にすればすぐ作成できますよ。

苦情を伝える手紙の例文は、のちほどご紹介いたします。

隣人に手紙で苦情を伝えるメリット

手紙で苦情を伝えるメリットは、次の3つです。

  • 1.匿名で伝えられる
  • 2.言い合いにならない
  • 3.好きなタイミングで伝えられる

それぞれの詳細は下記のとおり。

1.匿名で伝えられる

手紙のメリットは、匿名で苦情を伝えられることです。

もしも、手紙を出した際にあなたの個人情報(名前や部屋番号)が隣人に伝わってしまうと、逆恨みなどによるトラブルに発展する可能性も。

匿名で伝えれば、トラブルを回避できるため安心です。

2.言い合いにならない

手紙だと、感情的にならず冷静に伝えられます。

隣人の騒音に悩んでいる方は、「直接言いに行ったほうが、手っ取り早いし効果的なのでは?」と思うかもしれません。

しかし、苦情を直接伝えると、どうしても感情的になってヒートアップしがち。

相手の反感を買ってしまい、嫌がらせなどのトラブルに発展する可能性もあります。

手紙で苦情を伝えれば、言い合いにならないためスムーズな解決に繋がりますよ。

3.好きなタイミングで伝えられる

苦情の手紙を出す場合は隣人のポストに投函するだけなので、あなたの好きなタイミングで苦情が伝えられます。

時間帯や相手の都合を気にしなくてもいいのはメリットですね。

隣人に手紙で苦情を伝える時の注意点

ここまで、うるさい隣人に手紙で苦情を伝えるメリットをお伝えしてきました。

では、手紙を書く際はどんなことに気をつければいいのでしょうか?

注意すべきポイントは、次の5つです。

  • 1.まずは管理会社や大家さんに相談する
  • 2.自身の名前は書かない
  • 3.騒音の内容や時間帯などを明確にする
  • 4.誹謗中傷などの内容を書かない
  • 5.騒音が解決するとは限らない

それぞれの詳細を見ていきましょう。

1.まずは管理会社や大家さんに相談する

隣人の騒音トラブルにお悩みの場合、まずは管理会社や大家さんに相談しましょう。

第三者を通して苦情を伝えることで、相手が話を聞き入れてくれる可能性が高くなり、スムーズな解決に繋がりますよ。

もしも管理会社に相談しても改善が見込めなない場合は、隣人に手紙を書くのも1つの手段です。

2.ご自身の名前は書かない

アパートの隣人に手紙を書く際は、かならず匿名にしましょう。

あなたの部屋番号や名前などの個人情報が相手に伝わると、逆恨みによる嫌がらせを受けてしまう可能性があります。

特に、隣人がどんな人物なのかわからない場合は要注意です。

トラブルを回避するためにも、手紙にはあなたの名前を書かないようにしましょう。

3.騒音の内容や時間帯などを明確にする

苦情の手紙を書くときは、騒音の内容を具体的に記しましょう。

ただ「うるさい」「騒音が気になる」といった抽象的な表現だと、相手はどう対応していいかわからず、解決しない可能性があるからです。

たとえば、下記のように騒音の内容や時間帯を明確に伝えるといいですよ。

  • 深夜の洗濯機の音が気になる
  • 毎日〇〇時頃になると楽器の音が聞こえてくる

状況を具体的に伝えることで、隣人に自覚してもらいやすくなります。

また、手紙を書く際は「短く簡潔に」がポイントです。ダラダラと長い文章だと、相手に読んでもらえない可能性があるからです。

隣人に手紙で苦情を伝える際は、具体的かつ簡潔に伝えることを心がけましょう。

4.誹謗中傷などの内容を書かない

アパートの騒音に悩んでいると、手紙でもついつい感情的になって強い口調で伝えてしまいがち。

しかし、いくら相手に非があったとしても、誹謗中傷にあたる内容を書くのはNG。

なぜなら、強く言ったからといって相手に伝わるとは限らないからです。

また、神経を逆なでしてしまい、騒音問題がより悪化する可能性も考えられます。

反対に、丁寧な文章だからといって隣人が生活を改めてくれるとは限りませんが、なるべく相手を傷つけないような配慮は必要です。

アパートの隣人に手紙を書く際は、丁寧にお願いするような文章を心がけましょう。

5.騒音が解決するとは限らない

「手紙を出したのに、変わらず隣人がうるさい……」

このように、手紙で苦情を伝えても、かならずしも解決するとは限りません。

相手の心に響かないかもしれませんし、事態の深刻さに気付かず軽く受け取られてしまう可能性もあります。

また、一度は騒音が収まっても、時間が経つにつれ元に戻ってしまうケースも。

もしも、手紙を出したにもかかわらず改善が見込めない場合は、下記の対応をしましょう。

  • もう一度苦情の手紙を書く
  • 管理会社または大家さんに改めて相談する

再び手紙を書く場合は、「先日注意したにもかかわらず騒音の改善が見られないため、もし続くようなら管理会社に連絡します」といった文面が望ましいです。

第三者の存在を伝えることで、事態の深刻さに気付いてもらえる可能性があります。

また、管理会社に相談する際は、手紙で注意しても解決しなかったことを伝えましょう。

あなたの状況が具体的に伝われば、真摯に対応してくれるはずです。

手紙の例文

ここまで苦情の手紙を出す際の注意点をお伝えしてきました。
では実際、アパートの隣人に手紙を書く際はどのような文章がいいのでしょうか?

下記にて例文をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

〇〇年〇月〇日
〇〇号室 〇〇様
お忙しいところ、突然のお手紙申し訳ございません。 このたび〇〇様に、生活音に関してお願いしたいことがあり、お手紙を書かせていただきました。
毎日〇時頃、〇〇様のお宅から洗濯機やテレビの音が聞こえることがあります。 〇〇様の事情もあるかと存じますが、夜〇時以降はご配慮いただけませんでしょうか。
こちらの一方的なお願いで大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

まとめ

うるさい隣人に手紙で苦情を伝える方法や注意点などをご紹介いたしました。

アパートの騒音で悩んだら、まずは管理会社や大家さんに相談しましょう。

それでも解決しない場合、匿名で手紙を出すのも1つの手段です。

隣人に苦情の手紙を出す際は、丁寧かつ具体的に書くことを心がけましょう。

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加