【アパート】隣人が深夜にうるさくて眠れない!対処法を紹介

「深夜になるといつも、アパートの隣人がうるさい」

「住人の騒音が気になって眠れない……」

このようなお悩みを解決するため本記事では、アパートの隣人がうるさいときの対処法や、やってはいけない仕返しをご紹介いたします。

隣人がうるさくてお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

アパートの隣人がうるさい!よくある事例3つ

「いつもアパートの隣人がうるさい…」

このように、アパートの騒音問題でお悩みの方は多いはず。

まずは、アパートの騒音トラブルでよくある事例を3つご紹介いたします。

1.大学生が集まって家飲みをしている
2.大声で電話や会議をしている
3.深夜に掃除機や洗濯機を使っている

それぞれの詳細は下記のとおり。

1.大学生が集まって家飲みをしている

アパートの住人が、友人や仲間を招いて飲み会をしているパターンです。

人の話し声は案外、他の部屋まで響いてしまいます。

また、複数人で集まるとついつい話し声も大きくなりがち。

普通に話しているだけだから大丈夫だと思っても、盛り上がるうちにだんだんと大きな声になっていくものです。

また家飲みの際は、話し声だけでなく、足音やドアの開閉音なども騒音の原因になりやすいため注意が必要です。

2.大声で電話や会議をしている

大声での電話や、Zoomなどによるオンライン会議も、騒音トラブルの原因になります。

ここ最近はコロナによる影響で、自宅でのオンライン会議や電話をする人が増えました。

電話での話し声はたいした音量ではないと思うかもしれませんが、話していくうちについつい声も大きくなりがち。

特に深夜の電話は、周りが静かなため他の部屋まで響きやすいです。

3.深夜に掃除機や洗濯機を使っている

深夜に掃除機洗濯機を使う方は要注意。

仕事や生活リズムによっては、夜に家のことをする人も一定数います。

しかし、掃除機洗濯機の音は、他の部屋まで非常に伝わりやすいです。

音だけでなく振動まで伝わるため、よりうるさく感じてしまいます。

また、掃除機をかけるときはイスや机にぶつかったり、壁に当たったりしがち。

掃除機の「ガーガー」という音以外だけでなく、物に当たった音にも気を付ける必要があります。

アパートの隣人がうるさくて眠れない時の対処法

「アパートの隣人がうるさくて眠れない……」と悩む方は多いはず。

では、騒音が気になるときはどう対処したらいいのでしょうか?

おすすめの対処法は、次の5つです。

1.自然音やヒーリング音楽を流す
2.耳栓やノイズキャンセリングイヤホンを着用する
3.大家さんや管理会社に相談する
4.手紙で苦情を伝える
5.防音対策を施す

それぞれの詳細は下記のとおり。

1.自然音やヒーリング音楽を流す

アパートの隣人がうるさいときは、自然音やヒーリング音楽を流すのがおすすめです。

深夜は周りが静まっているため、少しの音でも敏感に感じやすいもの。

静かな部屋にほかの音を流せば、隣人の騒音が気になりづらくなります。

自然音やヒーリング音楽には癒し効果も期待できるため、快適な睡眠へと誘導してくれるはずです。

2.耳栓やノイズキャンセリングイヤホンを着用する

隣人がうるさくて眠れないときは、耳栓やノイズキャンセリングイヤホンを活用しましょう。

遮音効果があるため、隣人の騒音をシャットアウトできますよ。

ノイズキャンセリングイヤホンなら、周りの音を遮断しつつ音楽も流せるため、より防音効果が期待できます。

眠る際に寝返りを打っても邪魔にならないよう、自分に合った形のものを使用しましょう。

3.大家さんや管理会社に相談する

上記の防音対策をしても騒音が気になる場合、大家さんまたは管理会社に相談しましょう。

第三者を間に挟むことで、逆恨みなどによるトラブルを回避できます。

大家さんや管理会社に連絡する際は、事前に騒音の詳細をメモしておくと、スムーズな解決に繋がりますよ。

管理会社への連絡や相談方法などは下記記事にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【アパート】隣人がうるさい時は管理会社に相談してもいい?

4.手紙で苦情を伝える

深夜に隣人がうるさくてお悩みの場合、手紙を出すのもおすすめ。

手紙のメリットは、匿名で苦情を伝えられることです。

相手がどんな人かもわからない場合、あなたの名前が知られてしまうと逆恨みなどによるトラブルに発展する可能性も。

手紙ならば、名前を明かさず苦情を伝えられるため、不要なトラブルを避けられます。

騒音にお悩みの場合は一度、手紙で苦情を伝えるといいですよ。

アパートの隣人に手紙で苦情を伝える方法や注意点は、下記記事にて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

【アパート】うるさい隣人に手紙で苦情を伝える方法!例文付き

5.防音対策を施す

隣人がうるさくてお悩みの場合、まずは防音対策をするのもおすすめ。すぐに実行できるうえ、リスクもありません。

遮音シートや防音マットなどのアイテムを活用すれば、隣人の騒音が気になりづらくなりますよ。

アパートの防音対策や便利グッズなどは下記記事にて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【アパート】おすすめ防音対策7選!床や壁に使える便利グッズもご紹介

隣人がうるさくても絶対にやってはいけない対処法

アパートの隣人がうるさいと、ついつい仕返しをしたくなりがち。

しかし、間違った対処法はさらなるトラブルに発展する可能性もあるため、注意が必要です。

隣人がうるさくても絶対にやってはいけない対処法は、次の3つです。

1.壁ドン
2.大声で怒鳴る
3.感情的になって直接出向く

詳細は下記のとおり。

1.壁ドン

隣人がうるさいときにしがちなのが、壁ドン。

壁をドンドンと叩き、相手に「うるさい」と伝える方法です。

一時的に騒音が収まるケースもあるため、壁ドンをすれば解決すると思っている方も多いはず。

しかし、いくらアパートの隣人がうるさいからといって、壁ドンをするのは絶対にNG。

相手の神経を逆なでしてしまい、さらに騒音が悪化する可能性があるためです。

また、うるさいと思っていたのがもしも別の部屋だった場合、無関係な住人を巻き込んでしまうことに。

音の発生源は案外勘違いしやすいため、むやみに仕返しをしないほうがいいですよ。

もし音の発生源を特定していたとしても、壁ドンは穏便な解決方法ではないため、やらないのが無難です。

2.大声で怒鳴る

隣人がうるさいときに、大声で怒鳴るのもNG。

相手の反感を買って、仕返しされてしまう可能性があります。

不要なトラブルを回避するためにも、感情的になって相手に苦情を伝えるのはやめましょう。

3.感情的になって直接出向く

「隣人がうるさいなら、直接苦情を伝えるのが一番手っ取り早いんじゃないかな?」と思うかもしれません。

しかし、直接出向くのは危険。

隣にどんな人が住んでいるのかわからない場合、なにが起こるかわからないからです。

実際、隣人の騒音を直接注意しに行ったら、事件にまで発展してしまったケースも。

また、感情的になって苦情を伝えると、お互いにヒートアップしてしまいさらなるトラブルに発展する可能性もあります。

いくら隣人がうるさくても、感情的になってしまうと解決しづらくなるため、注意が必要です。

まとめ

アパートの隣人がうるさいときの対処法や、やってはいけないことをご紹介いたしました。

大声で怒鳴る行為や壁ドン、直接苦情を伝えに行くのは絶対にNGです。

騒音でお悩みの場合は、仕返しをするのではなく適切な対処を心掛けましょう。

 

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加