【アパート】隣人がうるさい時は管理会社に相談してもいい?

「アパートの隣人がうるさいけど、直接伝える勇気はない……」

「騒音トラブルを管理会社に相談してもいいの?」

このようなお悩みを解決するため本記事では、管理会社への連絡や相談方法などをご紹介いたします。

隣人の騒音でお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

なお、隣人や上の階がうるさい時の対処法はこちらの記事で詳しくまとめています。

アパートの隣人がうるさい時は管理会社に相談してもいい?

「いつもアパートの隣人がうるさい」

「クレームを言いたいけど、直接伝える勇気はない…」

このように、隣人の生活音にお悩みの方は多いはず。

うるさくて我慢できないけど、騒音くらいで管理会社に連絡するのは大げさなのかな、と思うかもしれません。

結論からお伝えすると、隣人がうるさくて困っている場合、管理会社に連絡してOK。

第三者を通して苦情を伝えることで、スムーズに解決できますよ。

たとえば、当事者同士で話し合うとヒートアップしてしまい、さらなるトラブルに発展する可能性があります。

管理会社が間に入ることで、隣人も素直に話を聞き入れてくれる可能性が高くなるのです。

また、逆恨みなどによるトラブルも防止できます。

隣人がうるさくて気になった時は決して直接注意せず、まずは管理会社に連絡しましょう。

騒音問題を解決するもっとも効果的な方法は、管理会社に相談することです。

管理会社に伝える時のポイント

管理会社に連絡する際、重要なポイントは次の2つ。

  • 事前に騒音の詳細をメモしておく
  • 匿名で伝えてもらう

それぞれの詳細を見ていきましょう。

事前に騒音の詳細をメモしておく

管理会社に騒音トラブルを相談する際、なるべく詳しく伝えることが重要。

あいまいな相談では管理会社も状況が把握できず、動きづらいです。また、真摯に対応してもらえない可能性も。

管理会社に相談する場合は、下記の内容を事前に記録しておき、詳細を伝えましょう。

  • 騒音の日時
  • いつから発生しているか
  • 日常的に続いているか
  • どんな音がするのか

たとえば、ただ「いつも隣人がうるさい」と相談するよりも、日時や発生頻度、音の種類などを詳細に伝えるほうが効果的です。

記録した内容は、騒音で悩まされていた重要な証拠にもなります。

具体的に伝えることで、管理会社も迅速かつ真摯に対応してくれますよ。

匿名で伝えてもらう

管理会社に相談する際は必ず、匿名で伝えてもらうようお願いしましょう。

理由は、匿名でないとさらなるトラブルに発展する可能性があるからです。

たとえば、管理会社が隣人に注意する際、あなたの部屋番号や名前などの個人情報が伝わると、報復されてしまうケースも。

逆恨みなどによるトラブルを回避するためにも、「名前や個人情報は明かさずに伝えてもらう」のを忘れないようにしましょう。

管理会社に相談する時の方法

管理会社に相談する場合、次の3つの方法があります。

  • 1.電話
  • 2.メール
  • 3.直接出向く

それぞれの詳細は下記のとおり。

1.電話

管理会社へ相談する際におすすめなのが、電話です。

電話なら細かい部分も伝えられますし、メールのように一通一通やりとりする必要もありません。

もしも電話で相談する場合、内容をメモ・録音するのをお忘れなく。

「クレームを伝えた」という確実な証拠になりますよ。

2.メール

隣人がうるさくてお困りの場合、電話だけでなくメールもおすすめ。

メールは文が記録として残るため、あとから見返すことが可能。

やりとりを保存しておけば、証拠となりやすいですよ。

3.直接出向く

管理会社への相談と聞くと、電話やメールを思い浮かべがちですが、実は直接出向く方法もあります。

管理会社と対面で話すことで、真剣に騒音で悩んでいることを伝えられます。

また、事態の深刻さが伝わり、迅速かつ真摯に対応してくれる可能性も。

管理会社へ直接行く際は、事前に担当者へ連絡しておくのがおすすめ。

突然の訪問だと、忙しくて対応してもらえないケースもあります。

事前に管理会社へ行く時間を伝えておくと、スムーズに話し合いができますよ。

管理会社が何も対応してくれない時はどうすればいい?

先述したように、隣人の騒音トラブルは管理会社に相談するのがもっとも有効です。

しかし、相談したからといって必ずしも管理会社が動いてくれるわけではありません。

実際、次のような対応で終わってしまうケースも。

  • とりあえず様子を見るといって動いてくれない
  • 誰に向けて書いているのかわからない
  • あいまいな張り紙を出して終わり

上記のように管理会社が対応してくれない場合、どうすればいいのでしょうか?

具体的な対処法は、次の3つです。

1.防音対策をする
2.手紙を書く
3.警察に相談する

詳細は下記のとおり。

1.防音対策をする

管理会社に相談しても対応してもらえない場合、まずは防音対策をするのがおすすめ。

「本来はうるさい隣人側に問題があるのに、こちらが防音対策をしなければいけないの?」と思うかもしれません。

しかし実際問題、騒音トラブルが解決しないなら、日常生活で音が気にならないよう自分で対策するしかありません。

隣人がうるさい時に活用できる防音グッズの具体例は、下記のとおりです。

  • 耳栓
  • イヤーマフ
  • 防音シート
  • 防音カーテン
  • ラグやマット

たとえば、深夜に隣人がうるさくて眠れない場合は、耳栓をして音をシャットアウトするのが効果的。

防音シートや防音カーテンは、隣から聞こえてくる音を軽減するのに役立ちますよ。

ちなみに、アパートの防音対策についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

2.手紙を書く

防音対策をしても騒音が気になる場合、隣人に手紙を書く方法もあります。

いつもうるさくて困っていることを伝え、匿名で相手のポストに入れましょう。

「わざわざ手紙で伝えるより、直接言った方が効果的なんじゃない?」と思うかもしれません。

しかし、隣人と直接関わるのはNG。

当事者同士で話し合うのは非常に危険だからです。

実際、隣人に苦情を言いに行ったら相手が逆上してしまい、事件に発展したケースもあります。

手紙ならば、あなたの名前を知られる危険性もないですし、相手も冷静に内容を受け止められます。

いつもうるさい隣人は、もしかしたら自分が騒音を出していることに気づいてないだけかもしれません。

誰かに迷惑をかけているとわかれば反省し、気を引き締めて生活してくれる可能性もあります。

手紙を書く際は決してケンカ口調にならず、丁寧に伝えるのを心掛けましょう。

なお、苦情の出し方や注意点はこちらの記事で詳しくまとめています。

3.警察に相談する

「不動産会社が動いてくれない」
「防音対策をしても、やっぱりうるさい」
「手紙も書いたけど効果がない」

このように、すべてやり尽くしたにもかかわらず解決しない場合は、警察に相談するのも1つの手です。

なかには、いくら管理会社に注意されても、ポストに手紙を入れられても、うるさく過ごす悪質な人もいます。

警察を呼ばれたことで事態の大きさに気付き、騒音がなくなる可能性も少なからずあります。

ただし、警察を呼ぶのは最終手段。安易な判断は、相手から恨みを買う可能性もあるため注意が必要です。

また、警察に相談する際、ただの隣人トラブルと判断された場合は動いてもらえない可能性も。

とはいえ真剣に相談すれば少なからず対応してくれるため、騒音の内容を詳細に伝えるようにしましょう。

まとめ

隣人がうるさい時の対処法や、管理会社に相談する際の連絡方法をお伝えしてきました。

騒音トラブルで悩んだ際、直接隣人に伝えるのは絶対にNG。

スムーズに解決するためにも、まずは管理会社に相談しましょう。

初期費用ゼロのお部屋探しなら、ゼロすむにご相談を

引っ越し時の支払いをできるだけ安くしたい…とお考えの方はゼロすむにご相談ください。

ゼロすむを利用してお部屋を借りると、敷金・礼金・前家賃などの高すぎる初期費用を0円にすることができます。

ご希望の方は、下記バナーよりLINE友だち追加をお願いします。

▼ゼロすむをご利用希望の方はこちら▼

友だち追加